微細藻類の活用について

微細藻類(Microalgae)とは?

  • 約30億年前に最初に地球上に出現した生物
  • 葉緑素を持ち光合成により二酸化炭素から酸素を産出
  • 種として記載されているだけで現在4万種以上が海水・淡水中に存在

   (一説には1,000万種を超えるとも言われており、いまだに良く分かっていない)

微細藻類の活用法は?

  • 医療・健康バイオ技術(レッドバイオ)

 藻類(ユーグレナ等)や藻類から抽出される機能性物質(アスタキサンチン等)を各種サプリメントや化粧品等として活用

  • 農・水・環境バイオ技術(グリーンバイオ)

 食品、飼料(魚の養殖飼料等)、肥料、環境浄化(水質等)等への活用

  • 工業バイオ(ホワイトバイオ)

 藻類を各種燃料(例えばユーグレナ社によるジェット燃料開発等)やプラスチック代替品として活用

微細藻類活用の課題は?

  • 効率(培養・抽出)の良い株の選定
  • 効率よく培養できる培養技術の確立
  • 効率的な分離・回収技術
  • 活用品に求められる品質の確保

  最終的には藻類活用に対する生産コストを如何に下げるかが最終商品の競争力となる

  • 増殖スピードの速さ
  • 安価な培養液
  • 培養環境のシンプルさ
  • 有用成分含有の量    等の最適な組み合わせ   

 

 

さが藻類バイオマス協議会事務局
〒840-8501 佐賀市栄町1番1号
佐賀市新産業推進課内
TEL:0952-26-7386 FAX:0952-40-7377